ロードオブ ヴァーミリオン IV LoVの処方箋

第8回 20コスト使い魔のあれこれ

こんにちは、飛鳥☆です。
最近はこのブログのネタに困ることもあったのですが、今回は毎週火曜日に行っている定期配信でLoVの攻略に関するとてもいい質問をいただいたので、この場で答えていきたいと思います!
また、ブログにこんなことを書いて欲しい!みたいなリクエストは随時募集中なので、僕のツイッターアカウント(https://twitter.com/AsukaOrgels)に気軽に投げてもらえると嬉しいです!


さて、今回メインで扱うのは、配信中にいただいた質問の一つ"20コスト使い魔のあれこれ"について。
配信中にも割と丁寧に説明したのですが、議題の重要度で考えると文章としても残しておきたいレベルで重要なことなので、軽くまとめておきたいと思います。


#1 20コスト使い魔の役割

20cost.jpg

基本的には荒らしがメインの仕事になります。ですが、実際に血晶武装して荒らしに行くまでにいくつかの分岐があります。

まず、召喚後に"本当に血晶武装する必要があるのかどうか"です。
例えばシスルで荒らしに行くとします。シスルがラインを上げている時、受ける相手はファーヴニル申公豹を召喚して迎撃態勢を取っているとします。そのままシスルを血晶武装して突っ込んでもあまり戦果を挙げられないどころか、少しカウンターが怖いですよね。
であるならば、このシスル召喚状態のままアルカナストーンを破壊して相手を釣る仕事にシフトし、自タワーではマジシャン使い魔を召喚して有利を取れるようにする選択肢が出てきます。
もちろん自分の隣も荒らし使い魔である場合は、今回の様なケースでもジョブの相性は無視して荒らしに行くのが正解になることもあります。
あまり多いケースではないですし、アルテミスオズマ姫だとセルディッドの範囲の都合上、召喚の切り替えが難しかったりもするのですが、頭の片隅に置いておくと戦術の幅が拡がりますよ。

次に"相性によっては防衛からカウンター"という選択について。
ほとんどの20コスト使い魔は先手を取るという仕事を果たすために、防衛はほとんど考えずに荒らしに行くべきです。
しかし、20コスト同士の荒らし合いになる場合、あえて相手の荒らし使い魔を誘い込んで一気に体力を削ってからのカウンターが強いパターンも存在します。
このムーブは自身の使い魔の性能を基準にすると分かりやすいです。20コスト同士の殴り合いでもある程度のダメージが期待できる使い魔、現環境で言うとオズマ姫を筆頭にガルーダシスルがそれに該当します。
逆にアルテミスの様なDEF寄りのステータスの使い魔や、フェニックスベドラムといったディフェンダー使い魔は迎撃時にダメージを与えることが出来ないのでさっさと相手のタワーを荒らしに行くのが吉です。

このように荒らし使い魔として登録している20コスト使い魔も、少し視野を広げて運用する事で立ち回りの択が増えますよ!

#2 20コスト使い魔を"正しく"血晶武装する方法

簡単なことを大げさに書いていますがしっかりと仕組みが決まっている事なのでまとめます。
まず20コストの血晶武装に必要なマナはアビリティのカット無しで60マナです。
これを相手の主人公荒らしによる遅れを無いものとして、20コスト使い魔をスムーズに相手タワーに荒らしに投げた場合、必ず55マナ(武装状態+15マナ)+タイムマナが半周という状態になります。必ず!です。
このタイムマナが足りない時間が荒らし使い魔にとって大きなロスになります。そしてこの"妖怪5マナ足りない"を回避する方法がいくつもあるので見ていきましょう。

➀アビリティによるカット

cut .jpg

5マナ足りないのをダイレクトに補ってくれます。ちなみにセルディッドによるカットが武装時の1度で良いと言われている理由がこの5マナを補えばいいから。血晶武装時のカットはスムーズな到着には必要ないため、ハーフラインで待つよりもさっさとラインを上げましょうという話ですね。
ちなみにマナヘイスト系(タイムマナヘイストを除く)のアビリティはいくら積んでも5マナを補うというのには繋がらないので、20コスト使い魔の血晶武装という観点ではあまり意味はありません。

②タイムマナヘイストで残りの半周を回す

timemana.jpg

古くは名誉不死根元オキュペテ、今はムムメメがその役割になりますね。
これも分かりやすいですよね。ちなみにムムメメを採用すると足りないタイムマナの半周がほぼほぼピッタリ貯まるようになります。アビリティによるカットがない人獣と不死の構成で20コストを入れる場合はぜひとも採用したい方法。

③主人公が5マナ貯める

EVRジュン.jpg

5マナを生み出す最終手段ですね。20コスト荒らしから入る場合は基本的には主人公荒らしは投げ続けた方が良いのですが、そのせいで本命である20コスト使い魔がスムーズに血晶武装出来ないのでは本末転倒なので、そうなるくらいなら主人公が5マナ回収しましょうという話です。タイミングとしては開幕荒らしに投げ、死滅復活後に貯めるとちょうど良いことが多いです。死滅が大幅に遅れると間に合わなくなることもあるので注意。
ちなみに5マナ回収したらちゃんと荒らしを再開しましょう。

④上記の複合パターン

相手の主人公荒らしによる遅れを計算しないなら上記の条件を1つ満たしていれば20コスト使い魔はスムーズに着地できます。
しかし実際には主人公荒らしなどによって根元をヒールしたりで、5マナ以上足りなくなる可能性も大いにあり得ます。
その場合は①②に③を組み合わすなどして調整していきましょう。この調整をケースbyケースでやれるようになったら一人前です!


といったところが20コスト使い魔の"いろは"です。
本当は"すれ違う主人公を少し処理しよう"とか、"主人公と荒らし使い魔の着地のタイミングを合わせよう"とか、もっと他にもいろいろとテクニックはあるのですが、そこらへんは上位陣の動画とかを参考にして技を盗んでいくのがオススメです。

ここからは1/9(火)に行った配信プレイのときに宿題としていただいた、ペルセポネ入りのデッキについて。

perusepone__.jpg
上記のコラムが長くなってしまったのでとりあえずリストだけ置いておきます。
正直研究不足なのであまり鵜呑みにはしないでください...。
というかホードのカードが安定感とはかけ離れたピーキーな使い魔だらけで構築が難しすぎるぞおぉぉん。

001 .jpg002 .jpg

アタッカーマジシャンが立つタワーにはマウィオングペルセポネの刺さりやすい方を刺す。本命はアタッカー荒らしが来るというプレッシャーを与えた上で並べてグレモリーという動き。......う~~~~ん、難しい!(笑)

最後に動画を1本!

配信で予約した動画ですね。
とにかく思い描いていた通りに試合を運べました。
ラグナロク太乙真人召喚から並べてしまってよかったですね。
あとはエクストラボイスレアの順君のボイスもチェック!

それでは今回はこの辺で。また次回!

PAGE TOP