ロードオブ ヴァーミリオン IV LoVの処方箋

第2回 ヴァミキャラin愛知レポート&新使い魔6券種を解説!

皆さんこんにちは、飛鳥☆です。
今回は先日行われた"ヴァーミリオンキャラバンin愛知"の模様を軽く振り返りつつ、後半はそこで公開された6枚の新カードの能力について解説していきたいと思います。

------------------------------------------------

来たる11月25日、愛知県のゲームキングジョイさんでヴァ―ミリオンキャラバンが開催されました!

イベントの構成は午前に交流パート前編。休憩を挟んで放送アリの新情報発表パート。そして交流パート後編という流れ。

新情報発表パートのアーカイブはコチラ

交流パート前編ではゲストの吉田早希さん・川井優沙さん・早山可奈子さんによる初心者交流コーナーが行われました。中でも早山さんはLoV3からプレイしているプレイヤーさんということで、来場されていた女性プレイヤーさんとも楽しく交流されていました。

オフのイベントは参加のハードルが高いと感じている女性プレイヤーさんも、この機会に参加されてみてはいかがでしょうか!

S__10780714.jpg

さてさて、僕は何をしていたのかという話ですが、別に女性陣がワイワイプレイしているのを遠目に見ていたわけではありませんよ!?

中級者・上級者のプレイヤーさんにはいつも通りプレイしていただき、その中からピックアップした試合をモニター出力、それをリアルタイムで実況解説させていただきました。
ご当地の有名プレイヤーさんにもプレイしていただくことができたので非常に見ごたえのある試合を会場の皆さんと楽しむことが出来ました!

03.jpg

新情報発表パートではバージョン4.1のキャッチコピーや新カード6券種を発表

過去作からの復活した人気使い魔などは会場からも歓声が上がるほどの盛り上がりでした。
新カード6券種については後ほど詳しく見ていきます。


そして最後に交流パートの後編。ここでは店内対戦モードを使っての交流会を予定していましたが、予定を変更して前半と同様の実況解説をお送りしました。

以上がざっくりとした"ヴァミキャラin愛知"のレポートになります!
やはりオフのイベントは現場の空気が暖かくていいですね(^^)

今後も開催予定とのことですので、お近くで開催の際にはぜひお立ち寄りください!

-----------------------------------------------------------


ここからは新カード6券種の解説をしていきます。

詳細なテキストやスペックについてはリンク先の情報や動画を参考にしてください。

(ヴァーミリオンキャラバンで発表された使い魔たちの情報はコチラ)

●ママリリ
[LoV4]URママリリ.jpg
攻撃対象を自身の方向に弾くという効果。一見すると分かり辛いですが、要は自身の方に引き寄せるといった感じです。
効果自体は非常に強力と言っていいでしょう。追加ダメージとレンジアップも持っているため、タワー戦においてはターゲットを引き寄せたときに殴り返されて返り討ちに遭わないように気を付ければ、かなりの安定感の使い魔となる可能性があります。

●太乙真人
[LoV4]太乙真人.jpg
40コストマジシャンという現状あまりパッとしないポジション。コストを1つ上げて"イワナガヒメ"、1つ下げて"カリマ"が使われることが多いわけですが、太乙真人はその間に割って入れる能力になっていそうです。
タワー戦における防衛力、終盤でもシューターによる遠距離からの『心蝕』による精神力ダメージによって活躍できます。

●アフラ・マズダ
[LoV4]アフラマズダ.jpg
ATK/DEFに振り切ったスペックに加え、アビリティも完全にぶつかり合い重視のガチンコ性能。追撃効果もATK依存なのでアルティメットレイドなどでATK を上げたときの爆発力は相当なものになることが予想できます。
また一方で追撃効果にはマジシャン属性がついている事にも注目です。これにより対ディフェンダーに関してはシュータースタイルの攻撃でも45ダメージが保証されるので小回りも利きます。

●ラグナロク
[LoV4]ラグナロク.jpg
精神力ダメージと機動力による瞬撃必殺の動きがメインになるであろう最高コストのアタッカー。
その強さの質は、タイマンに強い"アカズキン"とも集団戦に強い"バハムート"とも違うため、扱う際にも相手にする時にも十分にその性能を理解する必要がありそうです。
特筆すべきはチャージ後の移動速度でしょう。動画のように正面からディフェンダーを突破しても良いが、それよりも戦場を広く使って各地の局地戦に細かく顔を出すのが正解かも知れません。

●清姫
[LoV4]清姫.jpg
アビリティの達成条件のハードルが高めに設定されているがゆえに、固定値30という破格の数値をもらっているというのが第一印象。
しかしこのカードの最も注目すべきはそのスペックにあるのではないかと考えています。
ATKは基準値並みですが、DEFは血晶武装時に200(!)という事で、非常に不死らしいタフなスペックになっています。
そのタフなスペックを前面に押し出してタワー戦をこなし、終盤は固定値で仕事をするという運用が強そうですね。

●オトタチバナ
[LoV4]オトタチバナ.jpg
40コストアタッカーというこれまたいろいろな意味で激戦区なコスト帯に登場。特別な役割がない限りは"コノハナサクヤ"や1つコストを挙げて"オオモノヌシ"を使う、となるところなので、その役割に注目していきます。
オトタチバナの役割は相手の強力なアクションに対する抑止力です。相手に付与するディレイの効果は、相手の能力が高ければ高いほど相対的にその価値が上がります。
さらにアーツはアルティメットレイドへの抑止力となっているので、これ一枚で相手の動きをかなり制限できるのではないでしょうか

以上がヴァミキャラで紹介された6券種になります。

今後もバージョン4.1稼働までに続々と情報が出てくると思いますので、また機会があったらレビューしていきたいと思います。

それでは今回はこの辺で。

今週も最後に動画を掲載しておきます。

 <


先週紹介した流行りデッキの中の3ジョブデッキを使ってきてみたので、もし3ジョブデッキ気になっている人が居たら参考にしてみてください。

ではでは。

PAGE TOP