古に塔の伝承あり 煉獄と呼ばるるその塔 頂に至りし者 未だ在らず 塔を極めし者あらば 創世の神と出会い 無限の支配者とならん その王の姿 紅蓮なるが故に 異世界の言葉にてかく呼ばわる 「ロード・オブ・ヴァーミリオン〈紅蓮の王〉」と—(レムギア年代記第3章)

PROLOGUE

この宇宙には無限の平行世界が存在する。本作の舞台となるのは、前作までのアケローン大陸とは異なる世界に属するレムギア大陸。レムギアは、大地が宿すちから『マナ』の恵みを受けた豊穣の地。

しかしある時、大陸中央部の内海に忽然と浮上した巨塔によって情勢は一変する。“赤い魔眼”を持つ巨塔の主は、自らを『紅蓮皇帝』と称し、数多の神魔霊獣を率いて侵攻を開始する。この『大侵攻』により、レムギアの平和と秩序は崩壊した。

『大侵攻』から17年後— 大陸の各地で『紅蓮皇帝』の暴虐に耐えかねた民による反乱の火の手が上がる。反乱軍を率いた者たちの中には、皇帝の眷属たる『ロード』しか持ちえないはずの“アルカナのちから”を有する者たちがいた。

彼らは皆一様に、片方の目に赤色に光る瞳を持つがゆえに『紅蓮の子ら』と呼ばれた—

世界観

STORY MODE - ストーリーモード

魅力溢れる16人の主人公の生き様に沿った物語が展開される本作のストーリーモード。ボスステージなど、一人用ならではのオリジナリティ溢れるステージが多数登場!さらにステージを進むごとにキャラクターに秘められた謎が明らかに…。

画像:ステージ画面
画像:種族イラスト

RACE - 種族

5つの種族には、それぞれ個性豊かな特徴がある。勝利を目指して研究しよう!